電話は解約しちゃいました

Home » PROFILE

PROFILE

中二病社会学会とは

WEB文化の浸透により、子供でも大人の世界を簡単に覗けてしまう社会になった現代の日本。

WEBを通じて子供たちが「中二病」という言葉の存在を知り、意識してしまうことにより、中二病になれなくなってしまっているという現象が起こり始めています。

それは問題なのか?

中二病といえば、「中学生のするイタイ行動・後の黒歴史」として定着していますが、現実の世界での不満・不安から開放するためのもう一つの世界、もう一人の自分という精神安定装置のような役割も果たしています。

中学生が、中二病を過剰に意識してしまっていては、精神安定剤を失うと同時に、想像力を伸ばす機会も失うということになります。

大人たちがネット上で気軽に黒歴史として語る「中二病」という言葉の中には恥じらいと共に、過去の自分への愛情というものも含まれていることがあると思うのですが、現在進行形で中学二年生を過ごしてる子供たちには、それを理解するのは難しいことです。

ならば、中学二年生に向けて「中二病期の素晴らしさ(恥じらいを含みながらも)」を素直に発信するコンテンツがネット上に一つくらい存在していなければいけないという思いから始めたサイトです。